日焼けしたらすぐにケアしましょう

コスメコーナーに行くと必ず目にする美白という言葉。
この美白とは実際どんなことをいうのでしょうか?
シミひとつないキレイな白い肌。この美白美肌の大敵なのが日焼けです。

 

紫外線

夏になると、日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、日傘をさし・・・
と女性の日焼けに対して涙ぐましい努力をもって対策しています。
この日焼けの原因となるのが紫外線です。
紫外線に刺激を受けた肌が生成するメラニン色素がシミやくすみの原因となり、
美しく白い肌をがっかり肌へとかえてしまうのです。
そんながっかり肌になってしまわないためにも、日焼け後にはしっかりとスキンケアをすることが大切です。

 

スキンケア

日焼け前のスキンケアももちろん大切ですが、日焼け後のスキンケアで日焼け後の肌の状態は変わります。
日焼けしてしまったあとだからこそ、いつも以上にスキンケアに気を配ってみましょう。
焼けてしまったからといって諦めてしまってはいけません。
メラニン色素が沈着してしまう前に、早めの対策が必要です。

 

 

日焼け後のスキンケアに無理は禁物

日焼け後のスキンケアで特に注意したいのが、使用するスキンケアアイテムです。
毎日使っているお気に入りの化粧水や乳液、美容液がちょっと日に当たった日などは
ヒリヒリしみてしまうことってありますよね。
それは日焼け後のお肌が、紫外線などの刺激によって敏感になっているからなのです。

 

メラニン

日焼けの怖さはメラニンの生成によるシミやくすみだけではありません。
本当に怖いのは肌が敏感肌になってしまい、今までのスキンケアが逆効果に
なってしまうような状態になってしまうことなのです。
美肌の基本は健康な肌。まずは日焼け後の肌を元の健康な肌の状態に戻すことが大切です。

 

焦らない

日焼けはしっかり対策していたとしても、避けられないことがあります。
そんな時こそ、正しいスキンケアで肌の状態をよい状態に戻すことが大切です。
日焼けしてしまったからと、スキンケアを焦る気持ちはよくわかります。
でもだからといってヒリヒリしみるのに無理にいつもの化粧水をたっぷり使うのは逆効果です。
無理せず、刺激の少ないケアから始めましょう。

日焼け美白、ポイントは焦らないこと

美しく白い肌・美白をキープするためにはメラニンの生成は絶対に避けなくてはいけない。
そう思っている人は少なくありません。
実際、メラニンの生成はできることなら避けたいものですが、
どんなに対策していたとしても、日焼けしてしまうことはありますよね。
そんなとき、焦りは禁物です。

 

刺激

日焼けしてしまったデリケートな肌に、いきなり濃厚な美白成分を与えてしまうと
刺激が強すぎて肌に大きなダメージを与えてしまうことがあります。
まずは肌を美白成分を受け入れることができる状態に戻すことが大切です。
赤味がある状態のときに無理に化粧水をつけないというのも大切なポイントのひとつです。
とにかく保湿しないと、と化粧水をつかいたくなるところですが、
もしその化粧水が少しでもヒリヒリ感じるのであればすぐにやめましょう。

 

冷やす

赤い肌を落ち着かせるためにまずはしっかり冷やすことが大切なのです。
日焼けをしてからメラニンが大量に生成されるまでには2〜3日のタイムラグがあります。
赤味が引くのを待って、それからじっくり保湿したほうが、メラニンの生成を抑えるには効果的です。

 

肌の状態とよく相談しながらケアをすすめましょう。
日焼け前の美白ならポーラのホワイティシモを使ってみませんか?

リンク集

 

更新履歴