必要のない刺激を与えないことが大切

日焼け後の肌のケアで絶対にしてはいけないこと、それは皮をむいてしまうことです。
ポロポロと剥がれてくる皮、はがしたくなってしまうものですが、
皮をはがしてしまうと肌が傷つき炎症を起こしてしまう原因になってしまいます。
ぐっと我慢してやさしくこすらないケアを心がけましょう。

 

日焼け後の肌のケアの基本は冷やす、赤味が引いたら保湿するということです。
これで大丈夫なの?と思うくらいにシンプルなものですが、
日焼け直後の敏感な肌にあれもこれもとケアを行ってしまうとかえって肌に負担をかけてしまうことになります。

 

まずは肌がケアを受け入れることができる状態に回復させることが大切です。
その上で、準備ができたら美白効果のあるスキンケアアイテムを使うなどの対策を行いましょう。

 

メラニンをつくるのは紫外線の刺激だけではありません。
その他の刺激もメラニンをつくる原因となってしまいます。
肌に無用の刺激を与えることがないように注意が必要です。