油分の多いコスメアイテムに要注意

日焼け後のスキンケアはいつもより慎重にすすめましょう。

 

日焼け後の赤くなった肌は炎症が起こっている状態です。
やけどしている肌にはちょっとした刺激がひどいダメージとなってしまうことがあります。

 

落ちにくい化粧品やクレンジングは避けましょう。
クレンジングで肌に必要のない負担をかけるのは問題です。
また油分の多い化粧品を使用することで皮脂の分泌が増えるのも避けるべきです。

 

酸素や紫外線の刺激で酸化してしまうことでシミやしわ、たるみの原因になることもあります。
日焼け後のスキンケアはその日のうちにが基本です。
フォローケアをしっかり行うことで紫外線のダメージを軽減することができます。

 

まず丁寧にしっかりと日焼け後のスキンケアを行いましょう。

 

紫外線によるダメージは思っている以上に根深いものです。
蓄積してしまったメラニンを取り除くのはメラニンの蓄積を防ぐよりずっと大変なことなのです。

 

できるだけ紫外線によるダメージを軽減できるよう予防に努めましょう。