赤くなった肌は冷やしてケア

日焼けの後のスキンケアでまず注意したいのは、赤くなってしまった肌に余計な刺激を与えてはいけない、
ということです
赤くなっている肌は炎症を起こしている状態であり、とてもデリケートになっています。
普段、肌をよい状態にしてくれるお気に入りのローションであっても、
日焼け後の肌には刺激が強すぎる場合もあるので注意が必要です。

 

日焼け後の肌のスキンケアはまず肌を通常の健康な状態に近づけることからはじめます。
肌の炎症を収めるためにも冷やすことも有効です。
ただし、冷やすときにも刺激を与えすぎないように、流水が直接肌に当たらないようにする、
氷で冷し過ぎないなどの配慮が必要です。

 

紫外線の刺激は思った以上に強いものです。
できてしまったシミを消すのは想像以上にむずかいいので、
日焼けしてしまったらすぐに正しいスキンケアで対策することが大切です。
メラニンが生成されてしまう前に、日焼け後は一刻も早くスキンケアをしましょう。